安心・安全なネットサーフィンの為、様々なジャンルの
Officialsiteへのアクセスをサポートします。

オフィシャルサイト DICTIONARY

サイトコンセプト

オフィシャルサイトDICTIONARYの概念と構想

インターネットの閲覧は単なる情報収集ツールとしての利用だけではなく、ショッピングや各種申込みなど、個人情報やクレジットカード情報を入力することが当たり前のようになり、スーパーマーケットで買い物を行なう以上に、気軽に且つ無条件に秘密情報がやり取りされるようになりました。

オフィシャルサイトの多くは様々なセキュリティの仕組みを導入し、日本では一定の安全が保たれていると言われていますが、企業名がうろ覚えであったり、検索時のミスタイピングによって、異なるサイトにアクセスしてしまった場合はこの限りではありません。

そこでオフィシャルサイトDICTIONARYでは、安心してショッピングなどができるよう、あなたがアクセスしたいオフィシャルサイトへの誘導をサポートしています。もちろん、当サービスのご利用は無料です。では、なぜユーザーは無料なのか?その仕組みは以下の通りとなっています。

・ユーザーであるあなたは、安心かつ安全にインターネットで買い物や申込みができる。
・企業は、本来購買または申し込んでくれるユーザーが、結果的に自社オフィシャルサイトにアクセスできることで、機会損失を防くことができる。
・当サイトは、ユーザーが企業のオフィシャルサイトから購買活動を行なった時に、一定または売り上げの一部を手数料として頂くことができる。

3者3様でメリットが享受できるうえ、まだまだデフレが抜け出せない日本経済に対して、少しでも『循環』というキーワードで貢献できればと考えています。今後ともご活用の程よろしくお願い致します。

また、お時間があれば姉妹サイトの公式サイトコレクション布ナプキンのLintenアキバブロードバンドビジョン(akiba broadband vision)オフィシャルサイトTOKYOや、当方がサイトコンセプトを始めとする初期構築から、訪問見込みのお客様に対してのアクセス誘導施策まで、サイト全般の運営・管理を担っているよろづや旅館も合わせて、よろしくお願い致します。
(上記サイトにアクセスすると、別のドメインに遷移します。ご利用の際はご留意下さい。)

サイトリスト

アクセス先一覧

SHOWCASING EXAMPLES

オフィシャルサイトの事例ご紹介

日本最大級の品揃えでマニアック・フェチ動画を展開するアキバブロードバンドビジョン。ソフトオンデマンドなどが席巻する業界の中で、マニアック・フェチに絞ったジャンルでは最大手。その口コミはインターネットのあらゆるサイトで展開されており、アダルト業界でも一目置かれる存在になっています。

アキバブロードバンドビジョンのページを見る

では、なぜこのような実績を残し続けることができているか?もちろん、ユーザーのお財布事情を加味した値ごろ感や、アキバブロードバンドビジョンのオフィシャル販売サイトでの閲覧のしやすさ、購入までの手続きのスムーズさなどの理由も多々ありますが、その中の一つとして、当サイトようなサービスを展開しているWebサイトの活用があると思います。

例えば、友達からの情報で『アキバブロードバンドビジョンで動画を買ったら、かなり満足度が高かった』という話を聞いたとします。その際、"アキバブロードバンドビジョン"という名前を完璧に覚えていれば、そのままオフィシャルサイトが検索結果の最上位に表示され、スムーズな購買活動が行なわれるでしょう。ただし、検索を行なうときに"アキバブロードビジョン"と、本来"バンド"が入るところを忘れてしまったり、直接入力のまま"akibaburo-dobandobijon"や"akibaburo-dobanndobijonn"で検索してしまった場合はどうなるでしょうか。

その結果、アキバブロードバンドビジョンのオフィシャルサイトに辿り着けなくなってしまい(リスティング広告の表示で、"マニアック・フェチ動画"などを謳う、本当はアキバブロードバンドビジョンより高く販売しているサイトなどに行ってしまい)、両者にとってlost-lostな関係性となってしまうことは想像に難くないと思われます。

そこで当サイトでは、本来訪問すべきな同様のネットユーザーが間違えそうな状況を、細部の細部までシミュレーションし、検索時にダイレクトでアキバブロードバンドビジョンのオフィシャルサイトへの誘導を行ない、それが購買活動に繋がった時に、アキバブロードバンドビジョン側から一部手数料を頂くサービスを行なうことで、企業側とwin-winな関係性を築いています。

アキバブロードバンドビジョンのページを見る

このような手間の割に実入りが少ないことを行なっているのは、やはり機会損失によって購買行動が抑制され、消費を起点とした循環経済を阻害する要因を少しでも取り除きたいという、小さな小さな意思と活動から生まれているものです。すべての検索ユーザーに、本来閲覧すべきサイトを閲覧してほしいと考えています。引き続きのご愛好をよろしくお願い致します。

お知らせ・更新情報・

新しい商品が紹介されました。NEW
新しいコンテンツを追加しました。
ご利用者がのべ100,000人に達しました。
サイト全体ががユーザーフレンドリー対応になりました。
人気とオススメのカテゴリを追加しました。
サービスコンテンツが4,000ページを超えました。
ご利用者がのべ50,000人に達しました。
ご利用者がのべ40,000人に達しました。
ご利用者がのべ30,000人に達しました。
ご利用者がのべ20,000人に達しました。
サービスコンテンツが3,000ページを超えました。
ご利用者がのべ10,000人に達しました。
ご利用者がのべ5,000人に達しました。
サービスコンテンツが2,000ページを超えました。
ご利用者がのべ1,000人に達しました。
サービスコンテンツが1,000ページを超えました。
オフィシャルサイトDICTIONARYのサービスを開始しました。

↑ PAGE TOP