安心・安全なネットサーフィンの為、布ナプキンのOfficialsiteへのアクセスをサポートします。

布ナプキン

布ナプキン一覧

当サイトのおすすめ布ナプキンは以下の通りです。

布ナプキン サニーデイズ

布ナプキン リンテン

布ナプキン ヌノナ


オフィシャルサイト一覧はこちら


公式siteリストはこちら


布ナプキンについて

布ナプキンってそもそもどんなものか、理解している人はあまり多くはないと思います。今まで紙ナプキンを使用してきた女性にとっては、「布ナプキンってなに?」という疑問が、まず最初の素朴な疑問なのではないでしょうか。布ナプキンとは、まさに"布"から作られた生理用ナプキンのことです。使ってみるきっかけとしては、生理痛がやわらぎそう、カラダに良さそうだからという理由ではじめられた方も多いようです。紙ナプキンとくらべて生理期間を快適に過ごせるため、リピートする女性も多いのが布ナプキンの魅力ですが、使うまでは、使用済ナプキンの持ち運びや、本当に漏れない?などの不安もたくさん感じられるのは無理のないことです。メリット・デメリットをふまえて布ナプキンをご紹介しますので、ゆっくりと"布ナプキン"について知っていただければと思います。

布ナプキンとは、生理用のナプキンを布で作ったもの。使い捨てるのではなく、洗って繰り返し使うナプキンです。素材はコットンやリネン、シルクなど様々で、それぞれに特性があります。基本的な構造は、吸収体や防水布をコットンやリネンで挟むというもの。この吸収体や防水布の品質によって、漏れにくさやムレにくさが変わってきます。もともとは、使い捨てによるゴミを減らす目的で、エコ意識の高い女性に人気だったのですが、最近では紙ナプキンの危険性を知ったり、生理痛に悩む女性にも人気があるとのこと。以下では、布ナプキンを使う上で気になる、「メリット&デメリット」をご紹介します。ご利用の際は、ぜひ参考にしてみてください。

布ナプキンのメリット。1位:つけ心地のよさ→すぐに感じてもらえるのが、つけ心地のよさです。ビニールのような固さのある紙ナプキンとは違って、「フカフカ」で下着の装着感となんら変わりありません。2位:生理期間が短くなった→1週間以上、微量な出血が続いていた女性の多くが、平均して5日間程度ですっきり終わっています。経血が赤くなり、さらっとしたという方も多いです。3位:生理痛の軽減→「生理中のお腹の痛みがなくなった」「腰の重さがなくなった」など幅広い症状の軽減も体感としてあるようです。自分の体温で布ナプキンが温められ、それが保温効果となって生理痛の軽減になるのではないか、とも言われています。4位:かゆみ・かぶれの解消→紙ナプキンは、石油系の素材から作られていて、水分をジェル状に固めることから、通気性が悪くなりがりです。そのためムレることが多く、かゆみやかぶれが発生します。布ナプキンは布の性質上、風通しがよく、ムレにくいため、かゆみやかぶれが発生しにくいです。5位:PMS(月経前症候群)の軽減→ある程度の期間(約半年ぐらい)、布ナプキンを使用された女性が、徐々に体感されているようです。

続いて、布ナプキンのデメリット。1位:使用済みナプキンを持ち歩きたくない→「今までゴミとして捨ててきたものを、バッグに入れて持ちかえるなんてありえない」「外出先でもなんとなくニオイが外にもれたりしないかなど心配」という意見大多数です。2位:漏れるんじゃないか心配→動きにより、ずれることでおこるモレは、紙ナプキンと同様に起こりえます。また紙ナプキンが横からもれることが多いのに対して、布ナプキンは縦に浸透してモレるという傾向が従来はあったようです。3位:洗濯が面倒→布ナプキン愛用者さんは、月経中、自分の経血を洗っているうちに、愛おしく感じられるようになるそうです。4位:初期費用が思ったより高い→布ナプキンは洗って何度でも使えるため、トータルでみると紙ナプキンよりも、ずっと経済的です! それでも一度にそろえるのは、本当に布ナプキンを続けられるかと悩んでいる段階では難しいですよね。5位:まわりで使っている人がいない→デリケートな問題ですから、まわりに相談できる知人がいないのは心細いですよね。

スペシャルサンクス

公式サイトコレクション

よろづや旅館

まいべすと

アキバブロードバンドビジョン

オフィシャルサイトTOKYO

↑ PAGE TOP