安心・安全なネットサーフィンの為、骨盤ガードルのOfficialsiteへのアクセスをサポートします。

骨盤ガードル

骨盤ガードル一覧

当サイトのおすすめ骨盤ガードルは以下の通りです。

骨盤ガードル ツーハッチ

骨盤ガードル ビューティーシルエット

骨盤ガードル 三恵


オフィシャルサイト一覧はこちら


公式siteリストはこちら


骨盤ガードルについて

妊娠中どんなに気を付けていても、出産後のママの体形は変わるもの。体重の増加にかかわらず、赤ちゃんをスムーズに生むために骨盤が広がる、自然の現象です。出産後しばらくして通常の生活に戻れば数か月で骨盤も元に戻りますが、骨盤底筋群の筋肉量によってはなかなか元に戻らない方も…。ヨガやピラティスでインナーマッスルを鍛えることもできますが、生後すぐの赤ちゃんの子育ては何かと大変ですよね。そんな多忙なママにおすすめなのが産後の骨盤開きを解消する「骨盤ガードル」です。

産後の体形崩れで気になるのが「ウエストラインの緩み」「下腹部の出っ張り」。どちらも骨盤の開きが大きく影響しているんです。リラキシンというホルモンの影響で、妊娠中は骨盤周りの靭帯がゆるみます。その影響で、背骨と腰骨を繋ぐ部分の仙腸関節と、左右の恥骨の間が大きく緩みます。通常、ハート形をしている骨盤が緩むと、その分内臓が下垂するため「おなかがぽっこりする」、下垂した内臓を守るため「皮下脂肪がついてウエストが太くなる」「ヒップが四角くなる(垂れる)」という残念な結果に…。さらに放っておくと腰痛や外出先で心配な「尿漏れ」にも繋がってしまいます。ムリは禁物ですが、悪露が落ち着いたら、骨盤が開いたまま固定されてしまう前に、早めに骨盤ガードルにトライしてみましょう!

通常のガードルがおなかやお尻の肉そのものの位置を変化させるのに対して、正しい位置に骨盤を戻すのが骨盤ガードルの効果。そのため骨盤ガードルは、カバー範囲が広くハイウエスト・太ももまでをしっかりカバーします。締め付け力は商品によって様々ですが、一般的に通常のガードルよりはソフトです。ピンポイントではなく面で下半身をサポートすることで血行不良を防ぎ、ママの日常の動きに合わせて全方位的に骨盤の緩みを解消する手助けをしてくれます。

早い人は産後1ヵ月後からスタートする「骨盤ガードル」。大体2~3ヵ月は着用するママさんが多いようです。選ぶポイントは大きく分けて3つ。①産後のデリケートなお肌に負担をかけないよう、インナーが綿混などのお肌に優しいもの、②自分に合ったサイズ(体重の増加具合によります。早く痩せたかったとしても、妊娠前のサイズより1~2サイズ大きめを選びましょう)。③ソフトタイプかハードタイプかは個人の好みによりますが、長時間楽に着用できるよう、太もも周りに指1本ほど余裕があるもの。筋肉を柔らかく、温かく保つことは骨盤調整の基本、商品を選ぶ際は、ぜひ参考にしてくださいね。

スペシャルサンクス

公式サイトコレクション

よろづや旅館

まいべすと

アキバブロードバンドビジョン

オフィシャルサイトTOKYO

↑ PAGE TOP